itoroku2525

記事一覧(8)

【いとあそび展】にご参加くださいましてありがとうございました。

今回のいとあそび展にご参加くださった作家の皆様、お越しくださったお客様、ご購入くださったお客様、全ての皆様とのお出会いに感謝致します(*^^*)先々代六治郎の「いつもニコニコ笑顔で質の良い“糸”を“売”らせてもらう。そうすれば末永く【続】けていける。糸を売るというのはそういう商いなんや」という口癖が身に沁みました。この度、いとあそび展を開催していただいたことによって、人と人との【繋がり】の大切さをより感じ、“糸”に携わって仕事が出来ることを幸せに思い、今後も、“糸”を愛おしむ心を大切に、精進して参ります。今後ともよろしくお願いいたします。<出展作家様>・桂 富美子 様/ 加賀ゆびぬき、糸かけまんだら加賀ゆびぬき講師・作家。関西一円にて加賀ゆびぬきの教室開催・itohancoisan様 / 加賀ゆびぬき、手まり、マクラメジュエリー作品の展示、販売を行う@itohancoisan・Thread jewelry Ricca様 / 加賀ゆびぬき、糸アクセサリークラフトフェア等に出展。作品の展示、販売を行う@threadjewelry_ricca・ちくちくちどり様 / 糸ボタン糸ボタンの研究と発表を行う@tik2chidori_yoko・魚月様 / 加賀ゆびぬきminne等で作品を販売@uotuki154今回、出展して頂きました桂 様 北谷 様 志知 様 ちくちくちどり様 魚月様 お仲間の皆様、絹糸がこんなにも優しい表情に生まれ変わることを実感させて頂き、その美しさに見惚れてしまいました( ´∀`)うっとりしとても幸せな気持ちになりました(*^^*)本当にありがとうございました。出会いとご縁に感謝です(^-^)これからもよろしくお願いいたします。

atsumiさんの「絹糸でぬりえをするように刺繍する糸六ミニトート」ワークショップ、増回のお知らせ。

本日、5月28日10時より上記ワークショップのお申し込み受付を開始致しましたところ、10時30分の時点で満席となってしまいました。本当にありがとうございました。ご予約をお受けできなかった皆様、大変申し訳ありませんでした。つきましては、atsumiさんにご相談して、急きょ午前の部を増回していただくこととなりました。今回も12名限定ではありますが、ご希望のお客さまは是非このホームページよりお早めに申し込みください。開催日時 2018/06/16(土)10:00-12:30定員 12名参加費 6000円(税込) 絹糸2色プレゼント付※定休日ですが、お帰りになるまでにご希望の絹糸をご購入いただけます。ご持参いただくもの<持ち物・刺繍枠(10cmか12cmがおすすめ)・刺繍針・糸切り鋏・チャコペン・筆記用具当日は少量ではありますが、京都のみすや針さんの刺繍糸もご購入いただけるようにご準備致しました。また、お持ちでない方のために、12cmサイズの刺繍枠(5個限り)と糸切りばさみの販売もございます。ミネラルウォーターのサーバーがありますので、時間中ご自由にお飲みいただけます。おやつに京都の手づくりの飴をお出しします。※茶室は今回のイベントでは使用致しません。申し込み受付本日、5/28(月)14時より、糸六のホームページのお問い合わせフォームより、午前の部のお申し込みをお受け致します。満席となりました時点で、今回も締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。キャンセルについて今回は限定人数でのワークショップ開催のため、原則キャンセル不可とさせていただきます。やむを得ないと判断した場合のみ、対応をご相談させていただきます。ホームページ http://itoroku2525.comご予約の確定糸六ホームページのお問い合わせフォームからお申し込みいただきました後、受付完了メールや入金方法についてのメールをお届けします。お客さまのご入金が確認できました後、ご予約完了となります。作家ご紹介a t s u m i あつみ【刺繍作家】多摩美術大学卒業後、アパレルメーカー、同大学に勤務ののち刺繍作家としての活動をはじめる。刺繍をベースとした作品づくりで個展を開催するほか、異素材を扱う作家・企業とのコラボレーションワークや、アニメーションへの素材提供・装画制作・ワークショップなどの活動をしている。著書・掲載誌2011年 『刺繡のエンブレム』 文化出版局2012年 『紙刺繍のたのしび』 BNN新社(*共著)2013年 『ことばと刺繡』 文化出版局2014年 『刺繍のいろ』 BNN新社2016年 『刺繡のはじめかた』 マイナビ出版2016年 『刺繡のエンブレム AtoZ 』 文化出版局 ほか多数HP: www.itosigoto.com

atsumiさんの 「絹糸でぬりえをするように刺繍する糸六ミニトート」ワークショップ

糸六社屋の二階に新しい場所が誕生しました。その名称は『六治郎庵』。糸六の名前の由来になった三代目 今井六治郎の名前から命名しました。永きに渡り、多くの女性に愛され、支えられてきた京都の糸屋として、この社屋をこれからの時代も文化や芸術を伝えながら、出来る限り女性の目線でお楽しみいただける場にしていきたい。そんな、現代の糸六の願いをかたちにする第一歩です。さて、このスペースのお披露目でもある第1回目のイベントは、6月16日(土)、手芸誌やコマーシャルなどでも大変注目されている刺繍作家 atsumiさんを東京よりお迎えしての開催です。atsumiさんと糸六のコラボレーションによって誕生したオリジナルトートバッグを使って、刺繍のワークショップを開催いたします。5月28日午前10時より、お申し込みの受付を開始致します。atsumiさんに刺繍の技術やセンスを教えていただく、少人数での希少なワークショップです。お早めのお申し込みをお勧め致します。atsumiさんからのmessage糸六さんのためにデザインしたミニトートバッグを用いてぬりえをするように刺繍します。糸六さんの絹糸を使って、おすきなところに、おすきな糸で刺繍します。絹糸ならではの光沢や色合いをお楽しみいただけたら嬉しいです。